歯を失う原因第1位「歯周病」 歯を失う原因第1位「歯周病」

歯を失う原因第1位「歯周病」

近年、お口の健康に対する意識が高まり、日本人の虫歯は減少してきています。
しかし、歯周病に対する知識や理解は低く、その証拠に歯を失う原因の第1位が歯周病となっています。

歯周病は、原因となる細菌が歯ぐきやアゴの骨を溶かしていく病気です。重度になると歯が抜け落ちてしまうこともあります。30歳以上の日本人のうち約80%がかかっている、もしくはその予備軍といわれており、その理由には症状に気づくのが遅れ、進行を止めるチャンスを逃してしまっているという事実があります。

歯周病の進行段階 歯周病の進行段階

歯周病初期にはほとんど自覚症状がないため、気がついたときには手遅れになっていることも。
症状や進行段階をきちんと理解して「歯周病かな?」と思ったら、早めに歯科医院で治療するようにしましょう。

歯周病の進行段階

進行段階と症状
[1]歯肉炎
歯肉炎
状態:
歯ぐきに炎症が起きています。
症状:
歯みがきなどで出血が起こることがあります。
[2]軽度歯周炎
軽度歯周炎
状態:
歯ぐきの炎症がひどくなり、アゴの骨が溶け始めています。
症状:
冷たい物がしみるようになります。
[3]中等度歯周炎
中等度歯周炎
状態:
アゴの骨が溶かされる度合いが大きくなっています。
症状:
歯が浮く感じや口臭が発生し、歯のグラつきを感じます。
[4]重度歯周炎
重度歯周炎
状態:
歯が抜け落ちる直前になっています。
症状:
歯ぐきが真っ赤、もしくは赤紫色に腫れています。
歯のグラつきがひどくなり、膿が出ることもあります。

歯周病の検査・治療法 歯周病の検査・治療法

レントゲン検査

レントゲン検査

レントゲン撮影によって、アゴの骨が溶かされているかどうかを調べます。
アゴの骨の厚みをみることで、歯周病の進行段階が確認できます。

歯みがき指導

歯みがき指導

歯周病の原因菌の活動を抑え、数を減らすためをお口の中から追い出すためには、きちんと歯みがきをすることが大切です。歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットなど、歯垢がたまりやすい部分をきちんとみがけるように歯みがき方法を指導します。

スケーリング

スケーリング

歯科医院の専用器具を使って、歯石をしっかり取り除きます。歯石とは歯に付着した固くなってしまった汚れであり、歯みがきでは取れません。歯石が多く付着していると、歯周病の原因菌にとって住みやすい環境となり、歯周病の進行が進みます。定期的にスケーリングを行うことが歯周病予防にもつながります。

Page Top

歯周病にならないためには、症状がないときからの予防が大切予防診療