歯を失ったときの治療法歯を失ったときの治療法

歯を失った部分には、何らかの治療が必要です。歯がないまま放っておくと、食事のときによく咬めないばかりでなく、しゃべるときに息がもれて、きちんと発音できなくなることも。また、歯並びや咬み合わせが悪くなりやすく、全身の骨格バランスにも悪い影響を及ぼします。
現在、歯を失った所に対する治療法は、次の3つの方法があります。
それぞれのメリット・デメリットを知って、自分に合った治療法を選ぶことが大切です。


入れ歯

どの治療法よりも短い時間でつくれる
保険が適用できるから、比較的安くつくれる
入れ歯とわかりやすいことがある
咬む力が天然歯の3割程度に低下することがある
口に合っていないと、外れやすいことがある
取り外してお手入れが必要
部分入れ歯は、支える歯を傷めることになる
アゴの骨に刺激が伝わらないため、痩せやすい

ブリッジ

見た目は比較的自然
入れ歯よりは咬む力が強くなる
保険が適用できるものがある
保険適用外だと機能・見た目ともによいが、高額

支えとする健康な歯を大きく削ることになる
インプラント

見た目が天然歯と変わらない
咬む力も天然歯と変わらない
周囲の歯を支えとしないため、負担が少ない
アゴの骨に刺激が伝わり、他の治療法よりアゴが痩せにくい
定期健診をきちんと受けることで、かなり長く使える
手術が必要(持病があると治療できないケースもある)
保険が適用されないため高額
治療期間が長い

優れている 良い あまり優れていない 優れていない

Page Top

お手軽に咬める歯を手に入れたいという方は入れ歯がおすすめです

ご自分の歯のようにしっかりと咬みたいとうい方はインプラントがおすすめです