自分に合った入れ歯を見つけましょう自分に合った入れ歯を見つけましょう

歯を失ってしまったら、咬む機能を取り戻す治療をしなくてはなりません。
歯を補う治療の中でもっともポピュラーな治療法が入れ歯治療です。

これまでは、保険を適用してつくられる歯科用プラスチックを使ったものしか選べませんでした。
しかし現在は、技術の進歩によって、高品質な入れ歯も登場してきています。
ご自分のお口にぴったりと合った入れ歯をつくって、毎日の食事や会話を楽しめるものにしたいですね。

当院では、患者さんのお口にぴったりとした入れ歯づくりを行っています。現在お使いの入れ歯に
外れやすい、ずれて痛い、思い切り咬めないといったお悩みがあれば、まずはお気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険適用でつくるものと、自費で品質を追求してつくるものがあります。
それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

入れ歯の種類 メリット デメリット
保険適用の入れ歯
  • 安くつくることができる
  • 壊れても修理が簡単
  • 咬み心地が悪い
  • 耐久性が低い
  • 見た目に違和感がある
  • 慣れるまで時間がかかる
  • 素材が歯科用プラスチックに限られる
自費の入れ歯
  • 素材や構造の選択肢が幅広い
    (複数なタイプから選べる)
  • 見た目に不自然さが少ない
  • よく咬め、味覚を感じやすい
  • 高価である

取り扱い入れ歯紹介取り扱い入れ歯紹介

歯科用プラスチックの入れ歯

※画像をクリックすると拡大します

名前 レジン床義歯

保険 適用
メリット
  • 保険が適用できる
  • 費用が安い
  • 製作期間が短い
  • 修理が簡単
  •  
  •  
デメリット
  • 咬み心地が悪い
  • 耐久性が低い
  • 見た目に違和感がある
  • 慣れるまで時間がかかる
価格 保険:約8,000円程※3割負担の場合
シリコン製の入れ歯

※画像をクリックすると拡大します

名前 シリコンデンチャー

保険 適用外
メリット
  • やわらかく弾力がある
  • ぴったり吸着する
  • 痛くない
  • 外れにくい
  • 見た目に不自然さが少ない
  • ほとんどの症例で使用可能
デメリット
  • 修理が難しい
  • 汚れがつきやすい
  • 丁寧なお手入れが必要
  •  
価格 216,000円

※価格はすべて税込です

部分的に金属を使用した入れ歯

※画像をクリックすると拡大します

名前 金属床義歯

保険 適用外
メリット
  • 口の中で異物感が少ない
  • 食べ物の温度を感じやすい
  • 味が感じやすい
  • 汚れにくい
  • 耐久性があり、変形しにくい
デメリット
  • 金属アレルギーの心配がある
  •  
  •  
価格 324,000円
バネのない入れ歯(部分入れ歯)

※画像をクリックすると拡大します

名前 ノンクラスプデンチャー

保険 適用外
メリット
  • バネを使わないため目立ちにくい
  • 壊れにくい
  •  
  •  
  •  
デメリット
  • 金属ほど熱は伝わらない
  • 激しい温度変化に弱い
  • 歯を失った部分が広いと適用できない
価格 108,000円

※価格はすべて税込です

Page Top

ご自分の歯のような感覚で、しっかりと咬みたい方には・・・インプラント