お子さんのうちに気をつけてもらいたいことお子さんのうちに気をつけてもらいたいこと

お子さんのかわいい乳歯は、まだやわらかく虫歯になりやすい歯です。また、お子さんは自分自身で虫歯を予防することはできません。お子さんの虫歯予防は、親御さんの大切な役目のひとつ。虫歯を防ぐために、次のことに気をつけてあげましょう。

4つの虫歯予防ポイント4つの虫歯予防ポイント

1.食べたあとは、歯をみがく&口をゆすぎましょう!1.食べたあとは、歯をみがく&口をゆすぎましょう!

歯をみがくことが難しければ、口をゆすぐだけでも習慣づけましょう。食後はできるだけ、お口の中から虫歯の原因となる歯垢や食べかすを追い出しましょう!

2.大好きなおやつも時間を決めて2.大好きなおやつも時間を決めて

おやつをだらだらとあげていると、虫歯になりやすくなります。時間を決めて、楽しいおやつタイムにしましょう。

3.甘いおやつは虫歯菌の大好物3.甘いおやつは虫歯菌の大好物

お子さんの好きな甘いおやつは、虫歯菌の大好物でもあります。アメ、キャラメル、ソフトキャンディー、チョコレート、グミ、ガムなど、口の中に糖分が残りやすいので要注意。食べたあとにしっかり歯みがきができなければ、なるべく控えましょう。なお、キシリトール入りやノンシュガーのおやつはおすすめですよ。

4.初めての歯医者さんは生後半年くらいからOK4.初めての歯医者さんは生後半年くらいからOK

乳歯が生え始める生後6ヶ月くらいから、歯科医院の受診はできます。「歯が生えてくる=虫歯になる可能性が出てくる」ことになるからです。まだ小さいし、いずれ永久歯に生え替わるからと思わずに、積極的に歯科医院をご利用ください。

お子さんの毎日の食事についてお子さんの毎日の食事について

よく咬む習慣を

アゴの発達のためには、よく咬むことが大切。よく咬む食事ができていると、アゴがしっかり発達します。永久歯が生え揃うスペースをきちんと確保でき、歯並びの乱れを防ぐことができるのです。また、しっかり咬むと食べ物の味も感じやすくなり、正しい味覚が身につくことにもつながります。

バランスのよい食生活の習慣を

バランスのよい食生活は、将来、病気にかかりにくい丈夫な体をつくります。子どものときの毎日の習慣が大人になってからの習慣にもなるので、小さいころから正しい食の知識を身につけさせ、歯にも体の成長にもよい食生活の習慣を身につけさせてあげましょう。

お子さんのこんなクセに要注意お子さんのこんなクセに要注意

成長期のお子さんの歯は、毎日少しずつ形成されています。そのため、毎日のちょっとしたクセが、歯の成長や歯並びの乱れにつながることも。お子さんのクセに気をつけて、お口のトラブルが起こりにくい、きちんとした歯並びになるようにしてあげましょう。

クセ 将来こんなことに注意!
指しゃぶり  出っ歯・受け口
タオルなどをいつも咬んでいる 出っ歯・受け口
口呼吸 虫歯 歯並びの乱れ 出っ歯・受け口
舌癖(舌で歯を押す、舌を出す) 歯並びの乱れ
頬杖 歯並びの乱れ 歯やアゴの未発達
爪咬み 歯やアゴの未発達
よく咬まない食事 歯やアゴの未発達

Page Top

当院の小児歯科メニュー当院の小児歯科メニュー

歯みがき指導歯みがき指導

お子さんの成長やお口の中の状態に合わせて、適切な歯みがきの仕方を指導します。また、お子さんのお口に合った歯ブラシの選び方や、親御さんの仕上げみがきについてもきちんとご説明します。

フッ素塗布フッ素塗布

歯にフッ素を塗って、虫歯になりにくい強い歯をつくります。フッ素には、歯のエナメル質を強くし、虫歯菌に対する抵抗力を上げる効果があるのです。1回だけではなく、定期的に行うと効果的です。

シーラントシーラント

歯みがきがしにくく、虫歯になりやすい奥歯の細かい溝。ここへあらかじめシーラントという歯科材料プラスチックを埋めこむことで、虫歯菌のエサとなる食べかすの詰まりを防ぎます。お子さんの虫歯予防に効果的で、乳歯だけでなく永久歯にも適用できる方法です。

Page Top