虫歯はお口の感染症虫歯はお口の感染症

虫歯はお口の感染症

歯がしみる、痛い、といった症状に悩まされて歯科医院へ駆け込んだ経験をお持ちの方は少なくないでしょう。
これらの症状があらわれた場合、虫歯になっている可能性が高いです。

虫歯は、どういった仕組みでなるのかご存知ですか? 以下では、虫歯になる仕組みをご説明しています。
虫歯の仕組みを知ることできちんと対策ができ、虫歯リスクを減らすことができます。

【虫歯の仕組み】

虫歯菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。食べ物の口移しや食器の使い回しなどで身近な人から感染するのです。
虫歯菌は、他にも多くの細菌を含んでいる歯垢(プラーク)の中で増え、食べかすなどの糖分をもとに酸を作り出します。
この酸が歯を表面から少しずつ歯を溶かす病気、それが虫歯です。

虫歯にならないためには、虫歯菌が栄養とする食べかすや歯垢をなるべくお口の中に定住させないことが大切。そのためには、毎日自分でできる歯みがきが効果的です。歯みがきをきちんとしようといった虫歯予防の”合い言葉”も、こういった仕組みを理解したあとだと、とても納得がいくものですね。

虫歯の進行段階と治療法 虫歯の進行段階と治療法

歯質やの性質、食生活など様々なお口の環境によって虫歯の進行スピードは違います。虫歯の進行段階と症状は次の5つの段階に分類されます。

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
ごく初期の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め、白く濁っています。歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 きちんとした歯みがきやフッ素塗布などで現状維持、経過観察をしていきます。
C1
【エナメル質の虫歯】
エナメル質の虫歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいます。
まだ痛みはありません。

虫歯に冒された部分を削り、天然の歯の色と合った白い詰め物(レジン)を詰めて治療します。

C2
【象牙質の虫歯】
象牙質の虫歯
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行しています。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、部分的な銀の詰め物(インレー)を詰めて治療します。
C3
【神経まで達した虫歯】
神経まで達した虫歯
神経まで虫歯が進行しています。冷たい物や熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を取り除き、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行います。最後に全てが銀で歯の形をした物(クラウン)を被せて保護します。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯根まで達した虫歯
歯の根まで虫歯菌に冒され、歯の大部分が溶けてなくなっています。神経がないため痛みはなくなりますが、歯の根の先に膿がたまると再び痛みます。 ほとんどの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能を回復させます。

虫歯は早期発見・早期治療が重要

虫歯にならないためには、歯が痛くないときからの早めの予防が大事です 予防診療

Page Top

親知らずとは?親知らずとは?

親知らずとは?

親知らずは、永久歯が生え揃ってからしばらくして、奥歯のさらに奥に生えてくる歯です。
だいたい10代後半から30代くらいの年代で生えてきます。

まっすぐ生えて上下で咬んでいれば、問題はありません。しかし、小さくなった現代人のアゴには、親知らずがまっすぐ生えてくるスペースが足りないため、トラブルを起こさずに生えることはめったにありません。横を向いていたり、ナナメに生えて歯ぐきに炎症を起こしたり、他の歯を押して痛みを引き起こしたりして、抜歯せざるをえない場合が多いのです。

【親知らずを抜歯したときに気をつけること】

  • 抜いたあとの穴が気になっても、舌や指で触らない
  • 痛くても冷やしすぎない
  • お口の中を強くゆすいだりしない
  • 抜歯後当日は、激しい運動・入浴・飲酒を控える
  • 麻酔が効いて感覚が鈍っているときは、唇や頬を咬みやすいので注意
  • お口の中を清潔に保つ

まずはお気軽にご相談ください

Page Top