時間のこだわり 時間へのこだわり

診療風景

当院では「予約時間=診療開始時間」です。
受付時間は予約前の10分前までには済ませて頂くようお伝えしています。
その昔、歯医者が予約制で無かった時代、受付を済ませ診療室に入るまでに1時間~1時間半近くかかり、診療に30分、お会計に15分、トータルで2時間~3時間かかっていたのが普通でした。
その上、歯科治療は1回で終わることはほとんどありません。必ずと言っていいほど、通院し続けなければなりません。毎週2時間~3時間、歯医者にそれだけの時間がかかっていたのです。
 

その後、予約制が多くの歯科医院で導入され時間の短縮はなされました。
しかし、多くの歯科医院において「予約時間は診療開始の“目安”時間」という認識があるのではないかと思います。なので、予約制と言っているのにも関わらず、
30分以上も患者さんを待たせてしまう歯科医院があるのだと考えます。

ユニット

こういった古くからの慣習により、患者さんの意識の中に
「歯医者は待たされるものだ、だから遅刻しても大丈夫だろう」という思いがあるのではないでしょうか?
当院ではそういった歯科医院のイメージを払拭致します。
「時は金なり」
全ての人にとって時間というモノは、かけがえのない財産だと私は思っています。
その時間をいただいて歯科治療を提供する以上、予約時間は必ず守る。
患者さんは毎日の生活の中から時間を作って通院しているのです。
そのため、歯科医院側も環境を整えるべきだと考えています。
 

以上のような思いから、当院では「時間」に対し患者さんへも強くお願いをしています。
予約時間までに受付がお済みでない場合は、予約の取り直しをさせていただく場合がございます。
当院で受診されている方がその方だけであれば問題はありません。30分遅刻されても診療致します。
しかし、他にも予約をして、時間を作っていらしている患者さんがいるのです。
全ての方に平等に大切な時間なのです。
遅刻されるということは、他の多くの患者さんの時間を奪うことでもあると認識してください。
また、良く遅刻される方や無断キャンセルの多い方へは予約の取り直しだけでは無く、
当院での受診をお断りする場合もございますのでご了承ください。
 

治療のこだわり治療へのこだわり

主役は「患者さん」です。

どうしても、医療を受ける際、医者任せになっていませんか?
皆さんはカバンでも家電でも、何か買い物をする時にどういった用途に使え、どのような機能があるかなど調べませんか?
さらに、1件のお店で決めてしまうのではなく何件かで比較検討し、納得のいった所で買う決意をしませんか?
私は医療も同じように考え、自分で治療法を選択するべきだと思います。
全く同じ状態の患者さんに対しての治療も、歯科医師が違えば考え方も変わり、実際に行う処置も異なります。
新聞・書籍・インターネット等で情報を集め、疑問などあればどんどん質問してください。
自分の体、自分の健康です。人任せにするのではなく自分の納得いく治療を受けてください。
 

私は当院で受診されている全ての患者さんにお口の中のトラブルで悩むことなく一生を過ごしていただきたいと思っています。
例えば、初めて当院を受診された時には抜歯をしなければいけない歯が数本あったとします。
その段階では、抜歯すべき理由があるので抜歯をしたとしましょう。しかし、その後残った歯については1本も抜歯にならないようにしたいのです。
そのために、より良い治療やメンテナンスの方法を考え提案しています。
 

保険治療では、どうしても制限があるため保険外治療(自費診療)をご提案する場合もあります。
保険外治療(自費治療)は、高額になることが多いですが、
それだけの価値がある利点がありますので、頭から拒否するのではなく1度よく話は聞いていただいてその上で判断してください。
歯科の分野はとても専門性が強く、一般の患者さんには分からないことが多くあると思いますが、私は患者さんとたくさんお話をして、知識を身につけてほしいと思っています。

専門医との連携専門医との連携

専門医との連携

当院では、専門性の高い治療を必要とする場合に関しては、専門医への紹介を行っています。
難易度が高い外科治療や歯科矯正などは、鶴見大学付属病院を中心に他の医療機関への紹介を
行っています。また、インプラント治療においては、専門医を当院に招き、院長と2人体制で
治療を行っております。

Page Top